吉田一級建築士ブログ
  • 2014年12月24日
  • 家の知識

地盤改良 賢く無くしてコストダウン

※この記事は2014年12月24日に執筆したブログ記事の転載です

1件100万円位掛かることもある地盤改良。
基礎方式の選定いかんによって、その必要度合が変わることをご存じでしたでしょうか。

そもそも地盤改良って?

建築地が軟弱地盤な為、建物を建築した後に、家が傾いてしまう恐れがある場合における、地盤の補強の事を言います。

積雪地域における基礎方式の選定

木造住宅の基礎は、主に布基礎とベタ基礎がありますが、大きな違いは「土間のコンクリート」が
構造体なのか構造体ではないかです。

「べた基礎の主な特徴」
・土間コンクリートは耐圧版として構造的布基礎と一体になっている為、不同沈下しずらい。
・中布の「せい」は小さくなるため、中心部分の鉛直荷重に対する構造計算が必要。

「布基礎の主な特徴」
・基本的に荷重は布基礎部分のみで支える為、土間のコンクリートは防湿コンクリートとして防湿機能のみを持つが、1階の床束を支える必要から一定の強度が必要な為、ベタ基礎に比べ基礎自重が重くなる。
・中布の「せい」は外周部分同様に確保される為、中心部分の鉛直荷重に強い。

べた基礎2
布基礎

☆これは余り知られていないのですが、建設省告示によるとベタ基礎は布基礎に比べ、必要な地耐力が少なく、地盤改良を行う可能性は布基礎に比べ低くなります。

IMG_20141224_170636-1[1]

・・・採用する基礎工法いかんによっては、地盤改良をされている家に比べ、100万円近くの建築コストが節約できる可能性がございます。

実際、私が設計者として携わる物件の中にも、こうした判定事例がございます。

これから家を建てる方で、地盤改良や基礎について、お悩みの方はいつでもご相談ください。

新着ブログ

メイン画像
2022年10月9日
設計
澄川住宅 プラン
メイン画像
2022年8月18日
設計
複合ビルプラン