吉田一級建築士ブログ
  • 2020年11月16日
  • 建築

登り梁の 断熱・防水

室内空間にロフトや斜め天井とする場合に

登り梁架構とする場合があります

?登り梁とは

写真のように斜めに梁が架けられている形態をいい

屋根から壁にかけての力の伝達が良い架構形態といえます

■登り梁の表面に二重断熱を施している様子

二重防水対策として屋根の下地となる箇所には

透湿防水シートの屋根用のものを使用したところ

大工さんより「これは足が滑らなくてイイナ」と一言

「ルーフライナー」というもので高額な材料ですが

屋根の作業において上に乗った場合でも足が滑りにくいような素材となっており

屋根面の二重防水下地に壁用の防水シートを使用するビルダーもある中

屋根に適した材料を選択・採用してよかったと感じました

新着ブログ

メイン画像
2022年10月9日
設計
澄川住宅 プラン
メイン画像
2022年8月18日
設計
複合ビルプラン