吉田一級建築士ブログ
  • 2021年7月23日
  • 建築

排水蓋にもこだわる

屋外の土間は水が流れるように水勾配を設けます。

しかしながら、排水管のます蓋が土間に位置した場合には、

その蓋は基本的には水平なため、若干の段差が生じます。

これを解消するために、

傾斜地用のます蓋を個別に納入し、設置いたします。

モルタル仕上げ後、

水勾配に対して面が揃ってキレイに納まりました。

非常に細かい点で

通常においてあまり気にしませんが、

こういう部分の納まりを、とても大事に考えています。

新着ブログ

メイン画像
2022年10月9日
設計
澄川住宅 プラン
メイン画像
2022年8月18日
設計
複合ビルプラン