吉田一級建築士ブログ
  • 2022年7月19日
  • 建築

窯業系サイディング割れの補修

・窯業系サイディングの割れ確認。

叩くと動き、クラックを境に破断していることがわかりました。

この場合、そのままクラック補修しても、

また動いて割れてしまうため、コーキング目地を設けた上、サイディングの留め付けおよび、

コーキング処置することにいたしました。

・目地墨出し

目地幅10㍉にてクラックをカバー出来そうです。

・目地カット状況。

・コーキング処理完了のようす。

後日、塗装処理して完了の予定です。

新着ブログ

メイン画像
2022年8月10日
建築
基礎配筋
メイン画像
2022年8月1日
設計
砂川住宅